サイトメニューへ 本文へ

八島丹山の歴史

  • 八島丹山のあゆみ
  • 八島丹山のこだわり

八島丹山のあゆみ

  • 1955年 (昭和30年)

    舞鶴にて初代 丹山繁一・久子夫婦が牛ホルモン専門店として開業。
    本場韓国の味を忠実に再現し、希少な食材と味付けが好評を博す。
    当店使用の焼肉鍋は、初代考案の特注品。京都の釣鐘屋に作らせたもので
    おいしく「ホルモンうどん」が焼けるノウハウが極まった独自の逸品である。
  • 1978年 (昭和53年)

    「八島丹山」として二代目 丹山剛福が、現在本店の地にリニューアルオープン。
    牛肉の素材を更に追求し、味付けも改良進化させた。
    舞鶴市全体に当店の味が定着すると共に、海上自衛隊のお客様を通じて
    全国的にも評判が広まり、クール宅急便にて各地へ発送開始する。
  • 2000年 (平成12年)

    三代目 丹山恒志・丹山雄策 兄弟が継承し、先代の味とスタイルを守りながら
    「ホルモンうどん」を舞鶴の名物とすべく尽力する。
    テレビ、ラジオ、新聞雑誌等のマスコミ取材も多数受け入れ
    「八島丹山」「ホルモンうどん」の名称をより多くの人々に認知される。
  • 2002年 (平成14年)

    京都市北区西賀茂の地に待望の新店舗オープン。
    京都市内にも舞鶴の味として進出、多くのファンを獲得する。
  • 2003年 (平成15年)

    舞鶴観光協会推奨品に舞鶴名物ホルモンうどんが認定される。 (2003年12月9日)
  • 2005年 (平成17年)

    創業50周年を迎える。
    タレントの田淵岩夫を起用してのテレビCM放映開始。
  • 2007年 (平成19年)

    「大改造!!劇的ビフォーアフター」の匠としても出演された有名建築デザイナー
    土居英夫氏を迎えてイメージを一新する店舗を建築し、食文化としての八島丹山の
    更なる発展を目指す。10月15日オープン。

ページの先頭に戻る

八島丹山のこだわり

  • オリジナルの鉄板

    日本唯一、当店独自のオリジナル鉄板は、お肉が焦げず、おいしく食べられる優れものです。
    当店の鉄板では焼き野菜も焦げず、沢山食べていただけるようになっているのでとてもヘルシーです。
  • 秘伝のたれ

    創業昭和30年以来変わらない秘伝のたれは、味噌ベースのこくのある味。
    一度味わってやみつきになるお客様もたくさんおられます。
  • 厳選ホルモン

    人気のホルモンは厳選した国産の一級品。脂ものってジューシーで、コラーゲンもたっぷり。
    美容と健康にいいこだわりホルモンで食べる、名物ホルモンうどんも八島丹山の人気メニューです。

ページの先頭に戻る